週刊エコノミスト Online闘論席

片山杜秀の闘論席 張作霖爆殺事件から90年

    日銀の黒田東彦総裁(撮影)長谷川直亮
    日銀の黒田東彦総裁(撮影)長谷川直亮

     日本陸軍が満州の軍閥の指導者、張作霖を瀋陽近郊で爆殺したのは、1928年6月4日のこと。それから今年で90年。その3年後には、やはり陸軍が満州事変を起こし、そのまた6年後には北京の盧溝橋で陸軍が中国国民党軍と衝突。ついに日中戦争に突入した。

     このプロセスはなぜ起きたのか。陸軍が戦争をしたくて民意を無視し暴走したのか。もちろんそんな単純な話ではあるまい。日本の政界や財界のみならず国民的願望を陸軍が大胆に表現したと考えるべきだ。その願望とは景気浮揚である。

     日本は第一次世界大戦の特需で1910年代後半、急激に経済成長した。欧州での大戦争がまだ続くと思い、企業は大胆な設備投資を続けた。ところが終戦。生産力は過剰になり、新たなはけ口がなければ、不況は深刻化するばかり。そこに中国大陸を日本の独占的市場としたい野心が国家的・国民的に膨らんだ。まず軍隊が占領し、親日政権を作り、日本の品物を売り、日本からの投資を呼び込む。

    残り294文字(全文704文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット