マーケット・金融ズバリ!地域金融

金融庁、遠藤新長官への期待 地域金融に「優しい」は禁物=浪川攻 スバリ!地域金融 第1回 

    遠藤俊秀金融庁長官
    遠藤俊秀金融庁長官

     金融庁の新体制が動き出した。3期にわたって、長官を務めた森信親氏に代わって、金融行政のトップを任された遠藤俊英氏=写真=がいかなるビジョンを描き出し、新時代の金融を構築していくのか。いま、金融業界関係者は固唾(かたず)をのんで見守っている。

     麻生太郎金融担当相は遠藤新長官について「森前長官よりも優しいのではないか」という遠藤評を語ったと言う。確かに、トップダウン的に劇的な金融改革を主導してきた森前長官には「コワモテ」というイメージが強かった。それに対して、遠藤長官は「周囲の話をじっくりと聞いて動き出す」(金融庁関係者)と言われ、その分、「コワモテ」ぶりは薄まるということかもしれない。

     だが、果たして、現実の金融行政のグリップとなると、どうなのか。結論を急ぐと、森前長官よりも遠藤新長…

    残り963文字(全文1309文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット