教養・歴史目利きの本棚

「マネーはテクノロジー」の時代にひもとく歴史=増山修

     仮想通貨取引が話題の昨今、人類にとってお金とは何かを問い直す本もいくつか刊行されている。本書はお金と人類の関係史をその起源から現在、未来へと展望する好著。

     電子商取引の権威である著者は「マネーはテクノロジー」と言い放つ一方で、歴史をひもとくことを忘れない。この視点を常に持ち続ければ、私たちは現在起きている諸事象を改めて捉え直すことができる。反現金論、なぜ現金を取っておくのか、誰がマネーを作るのかなどをもう一度じっくり考察すると、自分は現実に存在するどの形態を、なぜ支持するのかという根拠を自己の中に構築できるのではないだろうか。

     ただ、著者は「マネーは(歴史の中で)中年期に差し掛かっている」としながら、タイトルではいまだ古代バビロニアのチグリス川を漂っているとも示唆している。私の感覚では、すでにフィンテックは後戻りのできないルビコン川を渡ってしまっているような気もするのだが……。

    残り1078文字(全文1473文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事