教養・歴史目利きの本棚

新たな面白がり方で古い文化を再生させる=都築響一

     自分も本を作るし、他の人が作ったものを読ませてもらう読者でもあるわけですけど、いままでと違うアプローチで作り手、書き手が面白がっているものや、へえ、こういうのにハマるんだ!って、驚きをもたらしてくれる本がいいですね。

     例えばかつて輝いていた歌謡曲という文化は廃れてしまいましたけど、いま、一部の若い人のあいだでは強い関心をもって受け入れられているわけです。歌謡曲というのは、作曲家が作って歌手が歌う、という分業が完璧に確立されていて、それが彼らには新鮮なんですね。そういう背景があるから、『昭和歌謡職業作曲家ガイド』なんて本が生きてきます。この本はもう1冊、2015年に同じ出版社から出た『昭和歌謡ポップスアルバムガイド 1959-1979』と姉妹編で、それはアルバム、こっちは作曲家のガイドブックです。

    「フリー作曲家たちの登場」「グループ・サウンズ黄金期を支えた作曲家」といったふうに細かくコンテンツが…

    残り1045文字(全文1448文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット