経済・企業エコノミストオンライン

再編進む小型旅客機市場 降下否めぬMRJの競争力=吉川忠行

    ファンボロー国際航空ショーでデモフライトを披露したMRJ。ボーイングとの提携は視界不良だ
    ファンボロー国際航空ショーでデモフライトを披露したMRJ。ボーイングとの提携は視界不良だ

    「日の丸ジェット」初のデモフライトは世界最大規模の航空ショーが舞台だった。ロンドン近郊で7月16日から開かれた「ファンボロー国際航空ショー」で、国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)が、最初に受注した全日本空輸(ANA)の塗装を身にまとい、会場上空からエンジンの静かさなどを約10分間アピールした。

    「良さをわかっていただける。強い競争力がある」。MRJを開発する三菱航空機の親会社、三菱重工業の宮永…

    残り2130文字(全文2338文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月26日号

    食肉 大争奪16 豚肉が不足する中国の爆買い 世界の食肉市場を翻弄 ■三石 誠司20 世界の牛・豚データ 中国が牛肉も豚肉も爆食 ■編集部/監修・柴田 明夫22 アフリカ豚コレラは水際で防ぐ ■呉 克昌23 食肉関連15社 日ハム、不二製油、伊藤ハム米久 ■編集部25 混乱(1)TPP、日米貿易協定 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット