教養・歴史エコノミストオンライン

「名門高校」連載完結&書籍刊行 猪熊建夫 「人となりを知る出身高校 有為な人材は地方が輩出」

    猪熊 建夫氏
    猪熊 建夫氏

     2012年7月から6年。今年8月に301回で完結した『週刊エコノミスト』の人気連載「名門高校の校風と人脈」が『名門高校100』(河出書房新社)として刊行された。全国314校を取材・執筆してきたジャーナリストの猪熊建夫氏に聞いた。

    (聞き手=黒崎亜弓・編集部)

    ── なぜ名門高校をテーマに。

    ■40年以上前の新聞記者時代から、官僚や政治家、経営者といった取材先に必ず出身高校を聞いてきました。出身大学は官僚なら東大ばかりですが、高校は郷里と結びつくので話が弾みます。出会った人には必ず出身高校を尋ねるようになり、メディアに登場する著名人についても調べるのが習慣になりました。

     大学進学率は今でも半分程度ですが、高校は9割超が卒業していることもあります。どんな青春を送ったのか…

    残り1110文字(全文1445文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット