経済・企業エコノミストオンライン

LGT銀行、報告書偽造の理由判明 オリンパスが監査法人への隠ぺい指示=編集部

    LGT銀行からオリンパス簿外ファンドへの資金の流れ(出所)オリンパス第三者委員会報告書などを基に編集部作成
    LGT銀行からオリンパス簿外ファンドへの資金の流れ(出所)オリンパス第三者委員会報告書などを基に編集部作成

     2011年に発覚したオリンパスの巨額粉飾決算事件で、簿外ファンドへの資金供給に関与したLGTリヒテンシュタイン銀行(LGT銀行)が、自身が運用する私募ファンドの運用報告書を偽造した理由が、本誌の調査で明らかになった。あずさ監査法人に簿外損失が発覚することを恐れたオリンパスが、LGT銀行に偽の運用報告書の作成を指示していた。LGT銀行は「オリンパスの簿外損失は全く知らなかった」としているが、改めて事件における役割を精査する必要がある。

     オリンパスは財務運用の失敗により96年時点で金融商品の含み損が約900億円にまで拡大。その事実を隠ぺいするため、96年以降、英領ケイマン諸島に二つの簿外ファンド「CFC」と「QP」を設立し、含み損を抱えた金融商品を飛ばしていた。当初、これらの金融商品を買い取るための資金は、オリンパスの特定金銭信託(特金)内で保有する日本国債を簿外ファンドに貸し出し、ファンドがそれを市場で売却して調達していた。

    残り957文字(全文1375文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット