経済・企業深層真相

ルネサスの“降格”役員 ソニーが人脈見込み採用

    大村隆司執行役員・半導体担当常務補佐(毎日)
    大村隆司執行役員・半導体担当常務補佐(毎日)

     ソニーが9月1日付で、ルネサスエレクトロニクスの屋台骨である車載半導体を担当していた大村隆司氏を執行役員・半導体担当常務補佐に迎える。大村氏は三菱電機出身。ルネサスで執行役員常務兼オートモーティブソリューション事業本部長を務めていたが、今年3月29日付で執行役員を退任し、フェローに就く実質上の“降格”となっていた。

     車載半導体開発には、自動車メーカーや主要部品メーカーとの人脈が欠かせない。ソニーは、画像用半導体CMOS(シーモス)で世界シェアトップだが、用途は主にスマートフォン向けだ。吉田憲一郎社長=写真=は、車載向け市場拡大への意欲を示している。ただし、電機業界では抜群のブランド力を誇るものの、自動車メーカーに行けば「ソニーさんがうちに何か用ですか」とけんもほろろに扱われることも。大村氏の採用は「技術力と…

    残り80文字(全文439文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット