経済・企業深層真相

JICA理事2人が退任 予算管理問題に「責任」

     政府開発援助(ODA)の実施機関である国際協力機構(JICA)は、7月末付で江島真也、前田徹の両理事が退任する人事を発表した。「予算執行管理の件で混乱を招いた件に関し、組織としての責任を果たす」(広報部)ことが理由だ。6月に実施した北岡伸一理事長をはじめ役員らの減給処分に続く措置。いずれも任期(2年)途中の退任で、江島氏はJICA研究所、前田氏は出向元の外務省にそれぞれ転任した。

     JICAは事業の予算執行を横断的に管理する予算執行管理室を新設するとともに、外部の有識者で構成する諮問委員会を設置し、再発防止策を検討中だ。ただ、問題はまだ収束できていない。過去の予算執行が過大だった影響で、プロジェクトの公示や発注を絞り込む状況が続いており、従来の状況に戻るのは2020年度以降の見込みとされる。

    残り308文字(全文658文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット