経済・企業深層真相

JICA理事2人が退任 予算管理問題に「責任」

     政府開発援助(ODA)の実施機関である国際協力機構(JICA)は、7月末付で江島真也、前田徹の両理事が退任する人事を発表した。「予算執行管理の件で混乱を招いた件に関し、組織としての責任を果たす」(広報部)ことが理由だ。6月に実施した北岡伸一理事長をはじめ役員らの減給処分に続く措置。いずれも任期(2年)途中の退任で、江島氏はJICA研究所、前田氏は出向元の外務省にそれぞれ転任した。

     JICAは事業の予算執行を横断的に管理する予算執行管理室を新設するとともに、外部の有識者で構成する…

    残り416文字(全文658文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月2日号

    老後2000万円貯める! おまかせ投資16 高まるアクティブ人気 中小型株は「宝の山」 ■稲留 正英/吉脇 丈志18 投信の「迷信」を斬る! 危うい「インデックス信仰」 “本格志向”投信の選び方 ■中野 晴啓20 開示資料は情報の宝庫 投信と長く付き合うための“五つのP” ■竹川 美奈子22 外国株 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット