週刊エコノミスト Onlineグローバルマネー

経済成長の大前提への配慮を示した日銀

    日銀の金融政策修正で金融市場は回復に向かうのか(Bloomberg)
    日銀の金融政策修正で金融市場は回復に向かうのか(Bloomberg)

     日銀が7月31日、金融緩和政策を約1年10カ月ぶりに修正した。これは、持続的な経済成長の大前提である「健全な金融仲介機能」と「市場機能の回復」の両方に配慮した点で歓迎すべきだろう。

     日銀が「ゼロ金利政策」を採用したのは1999年2月だが、実は98年9月には、金融機関同士が短期資金を貸借するコールレートの誘導目標を0・25%に引き下げ、この誘導目標にかかわらず、必要とあれば潤沢に流動性供給を行うことを宣言した。つまり、日銀が非伝統的な金融政策に足を踏み込んでから20年近くが経過しようとしている。

     日本経済を苦しめてきたデフレと戦うための非伝統的な金融政策は、金融市場の機能を損なうリスクと隣り合わせにある。金融危機が到来した時に金融機関を救済できるメリットはあるが、平時には金融機関の経営に害を及ぼしかねない政策でもある。

    残り730文字(全文1094文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット