国際・政治グローバルマネー

それでも消費増税が不可避な理由

    景気拡大でも税収がそれほど伸びなければ、消費増税は避けられない……(東京・原宿)(Bloomberg)
    景気拡大でも税収がそれほど伸びなければ、消費増税は避けられない……(東京・原宿)(Bloomberg)

     将来の国債暴落リスクを考えれば、財政健全化は待ったなしだ、と考える人がいる。一方で、せっかく長いデフレからの回復が続いているのだから、財政収縮で景気の腰を折るのではなく、名目GDPを増やして債務比率の上昇を抑えるべきだ、という人もいる。

     6月に閣議決定された政府の「骨太方針2018」では、基礎的財政収支(借金と元利払いを除いた財政収支)黒字化の目標を、従来の2020年から25年に先送りしており、安倍政権の考え方は後者の論理に近いとの見方が広まっている。

     国際通貨基金(IMF)の統計によると、先進7カ国(G7)のすべてで、金融危機に伴い一般政府(国、地方、および社会保障基金の合計)の収支は大幅な赤字となった。06年と09年を比較すると、米でGDP比11ポイント、英で7・3ポイント、日本で6・7ポイント、仏で4・8ポイントなど、いずれも劇的に悪化している。ただ、16年になると、米・仏・加は依然として06年時点より赤字のGDP比が大きいが、日・英はほ…

    残り748文字(全文1177文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット