経済・企業グローバルマネー

本質に踏み込めぬ日銀の政策修正

    黒田東彦日銀総裁(左)と麻生太郎財務相。異次元緩和の副作用は頭痛の種だ(Bloomberg)
    黒田東彦日銀総裁(左)と麻生太郎財務相。異次元緩和の副作用は頭痛の種だ(Bloomberg)

     日銀が7月30、31日の金融政策決定会合で表現などの修正はあったものの、金利誘導目標を据え置いた決断には伏線があった。「日銀が現行政策の副作用の蓄積に対応して金利誘導目標に修正を加える」との一部報道に反応し、10年国債利回りが急上昇。これに対し、日銀は固定利回りで無制限に国債を買い入れる「指し値オペ」を発動した。指し値オペは日銀が金利水準への考えを変えていないことを市場に宣言した形だ。

     日銀が2013年4月に異次元緩和に踏み切ってから5年以上が経過した。二つの柱は、「国債」と「日本株…

    残り869文字(全文1114文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月2日号

    老後2000万円貯める! おまかせ投資16 高まるアクティブ人気 中小型株は「宝の山」 ■稲留 正英/吉脇 丈志18 投信の「迷信」を斬る! 危うい「インデックス信仰」 “本格志向”投信の選び方 ■中野 晴啓20 開示資料は情報の宝庫 投信と長く付き合うための“五つのP” ■竹川 美奈子22 外国株 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット