経済・企業グローバルマネー

内向きのFRBが世界最大の不安定要因

    FRBの金融政策は、新興国にとって「意図しない引き締め効果」をもたらしている(Bloomberg)
    FRBの金融政策は、新興国にとって「意図しない引き締め効果」をもたらしている(Bloomberg)

    金融引き締めはもともと「遊びの大きいブレーキ」と言われ、効果が表れるまでに通常半年から1年かかると見られている。しかも、2015年12月から開始した米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げや、昨年10月から開始した保有資産の段階的圧縮は、FRBによると金融政策の「正常化」、つまり段階的に緩和を解除していく段階で、利上げはしても依然として緩和的だ、と認識される。だから景気やインフレを抑制するような引き締め効果は、はなから期待していないことになる。

     しかし、FRBの認識がどうであれ、蛇口全開の状況から蛇口を絞るようになった点で、これは引き締めへの政策転換にほかならない。特に大国の中央銀行であるFRBの政策は、資本の流出入を通じて新興国を中心に海外にも影響する。

    残り803文字(全文1134文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月7日号

    コロナで急変 世界経済入門22 400兆円の「株」待機資金 “倍返し”でバブル再燃も ■村田 晋一郎/吉脇 丈志25 何が起きるか 1 原油大暴落の先 原油安は続かない 年末70ドル反発も ■柴田 明夫26  2 株式市場大混乱 “コロナ”なしでも調整した 業績予想と期待のブレ ■居林 通28  3 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット