マーケット・金融グローバルマネー

パウエル議長のしたたかな「口先」金利誘導=真意一到

     米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、ワイオミング州ジャクソンホールで8月24日に開かれた世界の中央銀行関係者が集まる会合で、9月26日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)で今年3回目となる利上げを行う方向性を強く示唆した。

     ジャクソンホール会議は、過去にも、バーナンキ元FRB議長が量的緩和第2弾を、イエレン前FRB議長が早期利上げの再開を示唆するなど注目を集めた。

     特に今回は、トランプ大統領が講演の4日前に、「低金利政策を期待していたが、逆に利上げを続けている」とFRBをけん制したと報道されたこともあり、注目度は一段と高まっていた。そこで、パウエル議長は「米国経済は力強く、今後も緩やかだが継続的な利上げを継続する」と従来の主張を繰り返し、金融政策の独立性をアピールしてみせた。

    残り770文字(全文1119文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット