経済・企業エコノミストオンライン

課金モデルへの転換 ソニーの構造改革好調=桂竜輔

    課金モデルはゲームでののびしろが大きい(Bloomberg)
    課金モデルはゲームでののびしろが大きい(Bloomberg)

     ソニーの構造改革が進み、業績に表れ始めている。同社が7月31日に発表した2018年度第1四半期(4~6月期)連結決算は、売上高が前年同期比5%増の1兆9536億円、営業利益が前年同期比24%増の1950億だった。

     営業利益を押し上げたのはゲーム&ネットワークサービス分野だ。前年同期は177億円だったのに対して、18年4~6月は835億円だった。プレイステーション(PS)4向けの自社製作ゲーム「ゴッド・オブ・ウォー」や、他社製作ゲーム「フォートナイト」の配信・課金収入が伸びたとみられる。加えて、月額514円の課金システム「PSプラス」の加入者増も順調に拡大したことが寄与した。これは、人気ソフトを回数・時間制限なくプレーできるといった特典を受けられる。

     ソニーは、3月まで社長を務めた平井一夫会長の下で、2段階にわたり「ギアチェンジ」を仕掛けてきた。14年に始まった第1段階では、不採算部門と得意分野にメリハリを付けた。それまで成長分野と位置付けたスマートフォン事業について、販売台数より利益を重視する路線に転換し、パソコン事業からも撤退した。一方で、成長をけん引する事業として、画像センサーなどの半導体、ゲーム、映画、音楽の4分野を挙げ、積極的な投資…

    残り910文字(全文1439文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット