国際・政治ワールドウオッチ

シリコンバレー 自動運転の公道試験 各社の開発競争激化=中島和宏

     シリコンバレーでは自動運転の公道試験が活発化し、アルファベットのウェイモ、フィアットクライスラーのミニバン以外の車も目立ってきた。

     8月2日に米上場企業初の時価総額1兆ドル(約110兆円)を超えたアップル。トヨタの高級ブランド「レクサス」のスポーツタイプ多目的車(SUV)を用いた自動運転車は、この半年あまりで倍以上に増えて約70台が走る。アップルは自動運転についてあまり公表しておらず、技術はベールに包まれているが、従業員5000人以上が自動運転プロジェクトに参画していると言われ、…

    残り366文字(全文609文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット