国際・政治ワールドウオッチ

韓国 ソウルの太陽光発電量 記録的猛暑で4割増=堀山明子

     ソウル市は、今年の記録的な猛暑を受け、市が管理する施設の太陽光発電の発電量が今年7月、前年同月比40%増えたと発表した。韓国電力取引所によると、冷房の稼働時間が増えたことで7月下旬の電力予備率は一時7%台まで落ち込み、韓国内では電力不足を懸念する世論が高まっている。ソウル市は市民の危機意識を逆に太陽光発電普及の機会に利用しようと宣伝に必死だ。

     革新系の朴元淳(パクウォンスン)市長は脱原発政策の一環で、2022年までに市内の太陽光発電量を原発…

    残り397文字(全文620文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット