国際・政治ワールドウオッチ

インド 政府、国内資産没収へ 国外逃亡経済犯対策=成田範道

    英国に逃亡したビジャイ・マリヤ氏(Bloomberg)
    英国に逃亡したビジャイ・マリヤ氏(Bloomberg)

     インド政府は今年6月、国外に逃亡した経済犯の国内資産を没収する「逃亡経済犯罪者法」を国会で成立させ、10億ルピー(約16億円)以上に関わる犯人を「逃亡経済犯罪者」に認定した。認定から6週間以内に帰国、出頭しないときは、政府はその国内資産を没収できる。

     裁判での有罪確定以前の資産没収は憲法違反との指摘も上がっている。だが、この強権的な法律制定の背景には、金融詐欺などで不正な利益を得たまま国外に逃亡し、裁判所の帰国命令などに応じない経済犯たちに業を煮やし…

    残り344文字(全文572文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット