国際・政治ワールドウオッチ

タイ 膨らむ教師の借金 自己責任か献身か=澤木範久

     タイの教師が抱える負債が社会問題化している。地元紙『ネーション』は、全国で150万人の教職員が総額1兆バーツ(約3兆3500億円)の借金にあえいでいると報じている。

     タイでは教職員は国家を担う人材を育成する重要な職業とされ、低利融資を提供する機関や仕組みは複数ある。その一つが、教育省傘下の教職員福祉促進委員会(OTEP)が政府貯蓄銀行(GSB)と提携して運営する「教職員の葬儀に対する友人からの支援」という風変わりな名の互助会的な生命保険制度。ここへの加入をGSBから融資を受ける際の条件…

    残り369文字(全文615文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット