テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

ディスプレーが色あせない「量子ドット」の先端技術=津村明宏 電子デバイスの今/18

    液晶ディスプレーの次世代技術として量子ドットに期待が集まる ナノシスホームページより
    液晶ディスプレーの次世代技術として量子ドットに期待が集まる ナノシスホームページより

     電子デバイス業界では近年、「量子ドット」が注目を集めている。量子ドットとは、直径が10ナノメートル(ナノは10億分の1)以下の半導体の微粒子を指す。主にカドミウム系やインジウム系の金属微粒子が用いられる。こうした微粒子は、紫外光など特定の波長の光を当てると、粒径の違いに応じて赤や青、緑に発光する。

     量子ドットは紫外光を長時間当てても色あせることがほとんどないため、こうした性質を利用して、電子デバイスおよび電子デバイス材料として実用化しようとする研究開発が盛んに行われている。例えば、液晶ディスプレーやLED照明の色味を向上したり、太陽電池が吸収できる波長を広げて発電効率を高める波長変換材料に使ったり、病巣を特定するバイオマーカーに利用しようといった取り組みがある。

    残り3149文字(全文3485文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事