テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

5Gに向けて進化するプリント配線板=津村明宏 電子 デバイスの今/19

    クラレのLCP材料「ベクスター」
    クラレのLCP材料「ベクスター」

    20年に1兆8000億円市場に

     第5世代(5G)移動通信システムの導入が世界で始まろうとしている。私たちが現在スマートフォン(スマホ)などの無線に使っている通信システムは4G(またはLTE)と呼ばれているが、5Gはその次世代規格にあたり、いま世界で規格の詳細を固める作業が進んでいる。どの周波数帯を使うかといった詳細が決まるのはこれからだが、日本では6ギガヘルツ以下と28ギガヘルツ帯を活用することが検討されており、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに合わせて商用サービスが開始される見込みとなっている。世界の通信事業者の中では、19年に一部の商用サービスを開始しようという動きが活発化しており、事業化に向けた競争が熱を帯びてきている。

     5G通信が導入されると、端的に言うと、ネットワークの通信速度が速くなり、大量のデータをやり取りすることができるようになる。5Gは現行の4Gより通信速度が100倍速くなり、基地局一つ当たりに接続できる機器の数も増え、信号の遅延時間も4Gの10分の1に短くなるといわれている。具体例を挙げると、2時間の映画を約3秒でダウンロードできたり、ロボットをタイムラグを感じることなく遠隔操作できるようになる。I…

    残り2684文字(全文3207文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事