テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

ミニLEDはいまや有機EL並みでバックライトへ採用進む=津村明宏 電子デバイスの今/20 

    有機EL並みのコントラスト実現

     発光ダイオード(Light Emitting Diode=LED)は、電気が流れると「光る」半導体である。このLED市場において、ミニLEDの実用化が本格的に始まった。ミニLEDとは、既存のLEDチップよりもサイズが小さいLEDを指す。具体的には、既存のLEDチップが300~350マイクロメートル角であるのに対し、ミニLEDは100~200マイクロメートル角であり、チップの面積が従来の半分以下と小さいのが特徴だ。ちなみに、このミニLEDよりもチップサイズが小さい(数十マイクロメートル角)のLEDをマイクロLEDと呼んで区別している。マイクロLEDのチップ面積は、既存LEDの100分の1ほどになる。連載一覧

    残り3482文字(全文3804文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事