テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

EV用電池の本命「全固体電池」 2019年から量産化=東哲也 電子デバイスの今/21

    TDKの全固体電池「CeraCharge」(同社提供)
    TDKの全固体電池「CeraCharge」(同社提供)

     ノートパソコン(PC)、タブレット、スマートフォン(スマホ)、車載用、定置用電源など、さまざまな用途で使われるリチウムイオン電池(LiB)。調査会社の富士経済によると、2016年世界市場は前年比23・3%増の2兆2323億円。25年には4倍の8兆2035億円規模に拡大すると予測している。そのポストLiBとして期待されているのが全固体電池だ。リチウム空気電池、マグネシウム電池、ナトリウムイオン電池なども有望視されているが、実用化に向けては技術面の課題が多い。これに対し、全固体電池は早ければ19年から本格的に量産化される勢いだ。国内ではトヨタ自動車、日産自動車、ホンダの国内自動車大手3社などが開発を進めており、トヨタは20年代早期にも自動車に搭載すると発表している。村田製作所、TDK、太陽誘電といった電子部品大手、パナソニック、旭化成、日立化成、出光興産、クラレ、三井金属、オハラなども意欲的だ。一方、海外では韓国のLGケミカルやサムスン電子、中国のCATLやBYDといった強豪LiBメーカーも開発している。

    残り3161文字(全文3619文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット