テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

HDDで進む記録密度への挑戦=松永新吾/22

東芝と米社が取り組む微細化の次

 HDDは磁気ディスク(磁性材を成膜した円板)の中の微小な磁石の向きが反転する現象を利用して1と0のデータを記録・再生する装置で、パソコン(PC)やAV機器、データセンターなどの記録装置として広く利用されている。

 HDDの歴史は古く、1956年に米IBMが発表した「RAMAC」が世界初のHDDと言われている。すでに半世紀上の歴史がある技術だが、磁気ディスクの表面を磁気ヘッドが移動することで記録・再生する、という基本的なメカニズムは現在も変わっていない(図1)。

 変わったのは記録密度(容量)と機器の大きさである。直径24インチ(約60センチメートル)の磁気ディスクを50枚使用していたRAMACは、とにかく大きかった。一方で、記録密度は平方インチ当たり2キロビットと、現在のHDDとは比較にならないほどの少なさである。

残り3275文字(全文3651文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事