週刊エコノミスト Online図解で見る電子デバイスの今

日本が強いサーミスタ 住宅、医療へ拡大=松永新吾/23回

     温度の変化で抵抗値が変わる現象を利用したサーミスタ(thermistor)の市場が拡大している。自動車や家電、空調向けの需要が増加しており、メーカー各社の生産増強にも拍車がかかる。

    競合技術より安い

     サーミスタにはさまざまな種類があるが、大きくは、温度が上昇すると抵抗値が下がるNTC(negative temperature coefficient)、逆に温度が上昇すると抵抗値が上がるPTC(positive temperature coefficient)、そして、ある温度を超えると急激に抵抗値が減少するCTR(critical temperature resistor)の3種類に分類される。

     PTCとCTRはある温度域で急激に抵抗値が変化するが、NTCは温度の上昇に対して、抵抗値が緩やかに減少していく。また、測定可能な温度領域も下はマイナス50度から、上は400度程度と幅広いことから、一般的にはNTCサーミスタが温度センサーとして使われている。

    残り2785文字(全文3215文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事