経済・企業エコノミストオンライン

銀行が平日休業、昼休み導入 コスト優先で遠のく顧客目線=高橋克英

     金融庁は8月15日、銀行の店舗運営を緩和する銀行法の規制緩和を発表し、翌16日に施行された。

     銀行店舗の休日は法令で土曜、日曜、祝日および年末年始と定められ、平日の休業は当座預金を持たない店舗に限られていた。規制緩和により、当座預金を持つ店舗も金融庁長官の承認を受ければ平日を休業日とすることができるようになる。

     規制緩和に先行して、りそな銀行は2018年8月8日から、あきる野支店五日市出張所(東京都あきる野市)で毎週水曜日を定休日とし、週4日営業体制を始めた。水曜日には店舗を閉めるものの、スタッフは書類整理などの事務作業をこなしたり、必要があれば近隣店舗に応援に行くなどするという。

    残り2299文字(全文2594文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット