テーマ特集

Jリーグ 25年目の「革新」 成長のカギ 英プレミアの成功例がヒント 満員スタジアムの相乗効果=小島清利

    図1 J1クラブ売上高(2017年度)図2 欧州グラフ売上高ランキング(2016~17年シーズン)
    図1 J1クラブ売上高(2017年度)図2 欧州グラフ売上高ランキング(2016~17年シーズン)

     2017年度のJ1クラブの決算で売上高がトップだったのは、浦和レッズの約79億円だった(図1)。これは、J1クラブ単独の売上高としては過去最高額だ。ただ、世界のトップクラブとの差は依然として大きい。Jリーグのクラブが世界と伍(ご)するには、どのような成長戦略が必要とされるのか。17年からJリーグのオフィシャルサポーティングカンパニーを務めるコンサルティング会社、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーへの取材を基に考えてみる。

     デロイトUKスポーツビジネスグループが世界のサッカークラブの財務を分析している「フットボールマネーリーグ」の2018年版によると、16~17年シーズンの欧州リーグの売上高トップはマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)で、その額は浦和の10倍以上である6億7630万ユーロ(約865億円)だった(図2)。30位のベンフィカ(ポルトガル)でも1億5700万ユーロ(約200億円)で、Jリーグのクラ…

    残り1735文字(全文2154文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事