経済・企業学者が斬る・視点争点

奨学金の延滞防ぐ仕組みづくり必要=平田英明

    延滞に頭を抱える日本学生支援機構
    延滞に頭を抱える日本学生支援機構

     10年前に閣議決定された教育振興基本計画では、「資源の乏しい我が国では人材への投資である教育は最優先課題」であり、「発展の礎となる未来への投資であることを踏まえ、欧米主要国を上回る教育の内容の実現」が必要ゆえ、「教育の機会均等の観点から、奨学金事業等を推進」するとしている。

     そして、2016年度時点で、大学生2・6人に1人が、独立行政法人の日本学生支援機構(JASSO)の奨学金の利用者だ。奨学金には、返還が必要な貸与型と、不要な給付型がある。ここでは、機構の利用者を含む私のゼミ生との共同研究をベースに、奨学金の大半を占める貸与型の課題について考えてみたい。

     機構は奨学金の貸与と返還金の回収を行う。奨学生と呼ばれる利用学生の目線に立つと、貸与とは借り入れ、返還金の回収とは返済に相当する。とはいえ、通常の個人向けの銀行貸し出し(例えば、住宅ローン)の借り入れや返済とは異なる点が三つ挙げられる。

    残り2652文字(全文3053文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月14日号

    コロナ不況 残る会計士 消える税理士14 大量リストラの再来も 高まる“キャリア不安” ■岡田 英/浜田 健太郎17 監査法人の交代 トーマツ、監査先の選別が鮮明 ■伊藤 歩18 「決算」で見る監査法人 「東芝粉飾」の新日本は後退 ■伊藤 歩23 不正会計「摘発」 粉飾発見ソフトにAI搭載 ■細野  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット