週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

チャイナウオッチ 経済に先行き不透明感 景気下支え重視に転換=神宮健

    景気重視に転換でインフラ投資も拡大か(bloomberg)
    景気重視に転換でインフラ投資も拡大か(bloomberg)

    中国のマクロ経済政策は景気下支えをより重視する方向にかじを切った。

     7月末の中国共産党中央政治局会議では、足元の経済状況を「安定の中で変化が生じ、新たな問題と挑戦に直面しており、外部環境に明白な変化がある」と分析。経済安定重視の姿勢を打ち出し、「積極的な財政政策」という従来のスタンスは堅持した上で「インフラにおいて不足した部分を補う力を強める」との方針を示した。また、金融政策についても「穏健で中立的」という基本方針から「中立的」を削除し、十分な流動性を保たせるとした。

     足元の中国経済は、表面上は安定的に成長しているものの、対米貿易摩擦に加え、国内にも不安材料がある。固定資産投資の伸びの急減速や、民間企業を中心としたデフォルト(債務不履行)の増加である。

    残り1096文字(全文1426文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット