投資・運用海外企業を買う

コカ・コーラ 世界最大のノンアルコール飲料会社=児玉万里子 海外企業を買う/205 

    2018年1月、4種類のフレバー(風味)が追加されデザインも一新された「ダイエット・コーク」
    2018年1月、4種類のフレバー(風味)が追加されデザインも一新された「ダイエット・コーク」

     ◆The Coca-Cola

     米国のコカ・コーラ(以下、コカ・コーラ社)は、2018年5月に日本でレモン風味の炭酸アルコール飲料を売り出した。今のところ九州限定販売なので、厳しい競争を繰り広げる日本の缶チューハイ市場にまた1社加わった印象に過ぎないが、コカ・コーラ社にとっては、案外大きな一歩かもしれない。120年以上の歴史を有する同社にとって、アルコール飲料を手掛けるのはこれが初めてなのだ。

     コカ・コーラ社は世界最大のノンアルコール飲料会社である。17年12月期の売り上げは354億ドル(約3兆8000億円)に達する。「コカ・コーラ」「ダイエット・コーク」「ファンタ」「スプライト」と、ノンアルコール炭酸清涼飲料で世界トップブランド5銘柄のうち4銘柄を同社製品が占める。米国内では清涼飲料の売り上げで、「ペプシ・コーラ」のペプシコ社にやや抜かれているが、米国外では同社の方のシェアが高い。

    残り2951文字(全文3348文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事