経済・企業エコノミストオンライン

ふくおかFG・十八銀、2年遅れで統合へ 不明確な基準で統合認めた公取委=山本大輔

    右から森拓二郎・十八銀行頭取、柴戸隆成・ふくおかフィナンシャルグループ社長、吉沢俊介・親和銀行頭取(2018年8月24日撮影)
    右から森拓二郎・十八銀行頭取、柴戸隆成・ふくおかフィナンシャルグループ社長、吉沢俊介・親和銀行頭取(2018年8月24日撮影)

     公正取引委員会(公取委)は8月24日、ふくおかフィナンシャルグループ(FG、福岡市)と十八銀行(長崎市)の経営統合を承認した。これを受けて、両者は2019年4月にふくおかFGと十八銀が経営統合し、20年4月に十八銀がふくおかFG傘下の親和銀行(長崎県佐世保市)と合併する計画を発表した。

     経営統合の基本合意から2年6カ月。当初は17年4月に統合する計画だった。ようやく統合に決着がつくことに、統合支持の声が多い地元からは安堵(あんど)の声が上がっている。同一県内での地銀統合は、店舗等の削減による経費効率化の余地が大きい。人口減と低金利による収益悪化に苦しむ銀行業界全体にとっても、再編を後押しする材料になるだろう。

     ただ、公取委が示した判断基準は説得力に欠くと言わざるを得ない。

    残り1103文字(全文1444文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月30・5月7日合併号

    7月施行 使いこなす!相続法&税16 大きく変わる相続のカタチ 自宅贈与は税金にも注意 ■加藤 結花/下桐 実雅子相続法編18 もめる遺言、もめない遺言 自筆証書は「遺留分」の考慮を ■小堀 球美子21 使い込みトラブル 4パターン解説 で対処 ■大神 深雪23 いらない“負”動産 国庫帰属させる相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット