教養・歴史話題の本

話題の本 『アメリカとヨーロッパ』『人工知能はなぜ椅子に座れないのか』『撰銭(えりぜに)とビタ一文の戦国史』『阪神園芸 甲子園の神整備』

    『アメリカとヨーロッパ』 渡邊啓貴著 中公新書 820円

     英国保守党員が、アメリカ人を騒々しい職人ども、秩序を破る農民、法律破りの商人などとののしっていた19世紀前半から本書は始まる。それから200年近くたった米ソ冷戦終結直後のNATO(北大西洋条約機構)会議。自立性を主張する西欧諸国首脳に対し、ブッシュ(父)米大統領が「冷戦時代に欧州の平和が守られたのは誰のおかげなのか」と色をなして憤った。一体に見えながらも起伏に富んだ米欧関係の歴史をトランプ現大統領に至るまで描写している。(T)

    残り738文字(全文982文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット