教養・歴史話題の本

話題の本 『富山は日本のスウェーデン』『全産業「デジタル化」時代の日本創生戦略』『日本史の論点』『硯の中の地球を歩く』

    『富山は日本のスウェーデン』 井手英策著 集英社新書 820円

     理想の福祉国家と目されるスウェーデンに、女性の就労率の高さや豊かさにおいて富山県が通じるという。3世代同居はじめ保守的な地域社会が背景にあるところは逆説的だが、本書の主眼はこの相違にはない。現在進行形の富山の変容にある。たとえば、高齢者と子供を同じ施設で受け入れるデイサービス。つまり、家族内の助け合いを、地域へ広げたのだ。人口減の下、保守・リベラルといった枠組みを外し、地に足の着いた政策議論を呼びかける。(A)

    残り743文字(全文982文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット