教養・歴史出版業界事情

永江朗の出版業界事情 出版流通は今や崩壊寸前

     以前この欄で、出版物輸送量の偏りを是正するため、一部の雑誌の発売日を変更する取り組みについて紹介した(2月27日号)。だがその後も事態は深刻さを増すばかりで、もはや細かな調整では追いつかなくなっている。

     物流専門紙『カーゴニュース』によると、出版物輸送を手がける会社の約半分が、2~3年以内に撤退することを考えているという。東京都トラック協会のアンケートをもとにした分析である。

     撤退の理由は出版物輸送では経営が成り立たないからだ。運賃は輸送量に応じて支払われるが、この20年、出版物市場は縮小を続けている。配送先の書店がこの20年で激減する一方で、コンビニエンスストア(CVS)は増え続けている。CVSは扱い量が少ないが、納品時刻を細かく指定されるなど手間がかかる。

    残り535文字(全文870文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット