教養・歴史出版業界事情

永江朗の出版業界事情 出版流通は今や崩壊寸前

     以前この欄で、出版物輸送量の偏りを是正するため、一部の雑誌の発売日を変更する取り組みについて紹介した(2月27日号)。だがその後も事態は深刻さを増すばかりで、もはや細かな調整では追いつかなくなっている。

     物流専門紙『カーゴニュース』によると、出版物輸送を手がける会社の約半分が、2~3年以内に撤退することを考えているという。東京都トラック協会のアンケートをもとにした分析である。

     撤退の理由は出版物輸送では経営が成り立たないからだ。運賃は輸送量に応じて支払われるが、この20年、…

    残り630文字(全文870文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット