教養・歴史出版業界事情

永江朗の出版業界事情 異常な返品率がもたらす環境負荷

     英国高級ブランドのバーバリーは、売れ残り品の廃棄処分を中止すると発表した。この7月、同社がブランド保護のために大量の売れ残り商品を破壊・処分していることを英BBCが報じて以来、批判が高まっていることを受けての処置だ。

     BBCによると、バーバリー社が昨年1年間に破壊・処分した衣料品やアクセサリーは日本円にしておよそ42億円相当で、過去5年では132億円にも上る。当初、バーバリー社は、焼却の際のエネルギーは再利用されるので環境に優しい措置だと強弁していたが、世間の批判には抗しきれなかった。

     しかし、同様の処分はどの高級ブランドでも行われているといわれる。売れ残り品が流出して安売りされるの…

    残り600文字(全文896文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット