経済・企業特集

商社 商社セブン 財務・投資案件&これからの注目事業=種市房子/浜田健太郎

    商社の再編と経営環境
    商社の再編と経営環境

     <第2部>

     7大総合商社のビジネス構造を分析するとともに、成長が見込まれる事業について担当役員に戦略を聞いた。

    (聞き手・構成=種市房子/浜田健太郎・編集部)

     総合商社は1960年代に「10社時代」が確立した。主に(1)財閥系=三菱商事、三井物産、住友商事、(2)関西系鉄鋼問屋がルーツ=日商岩井、安宅産業、(3)「関西五綿」と呼ばれた繊維がルーツ=トーメン(旧・東洋棉花)、日綿実業(後のニチメン)、伊藤忠商事、丸紅、兼松江商の三つにグループ分けされる。

     商社は50年代の高度成長期に、繊維や鉄鋼製品、化学品、石油など素材を中心とした商品のトレード(取引…

    残り332文字(全文610文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット