教養・歴史特集

21丁の高額バイオリンを演奏家に無償貸与する日本音楽財団=花谷美枝

     日本財団の姉妹団体である日本音楽財団は、1994年から弦楽器の取得・貸与事業を始めた。現在、所有するのは、バイオリンはストラディバリウスが15丁、ガルネリが2丁、その他にストラディバリウスのビオラ1丁、チェロ3丁の合計21丁。演奏家に無償貸与されている。

     財団が最初に楽器を取得したのは94年。ストラディバリウスの「パガニーニ・カルテット」(バイオリン2、ビオラ1、チェロ1のセット)を米コーコラン美術館から購入した。以後、2004年までに20丁取得した。05年以降は08年に1丁(11年に東日本大震災復興支援のため売却)、17年8月に篤志家からの寄付をもとに1丁買っている。

     事業の趣旨について、加納民夫常務理事は「現存するストラディバリウスの中でも、できるだけ健康な状態の楽器を収集、保全して未来につなぐこと、そして演奏家の育成に資すること」だと説明する。

    残り557文字(全文940文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット