マーケット・金融特集

キャッシュレスで切り崩されるカード会社=小林啓倫 キャッシュレスの覇者 

     個人を対象にしたキャッシュレス決済は、最近のフィンテックブームの中で中心テーマのひとつとなっており、多くの革新的サービスが登場している。

     日本ではキャッシュレス決済の比率が低く、2015年時点で2割程度と推測されている。さらにそのほとんどをクレジットカードが占めており、JR東日本の「スイカ」など電子マネーによる支払いが近年普及してきたとはいえ、クレジットカードの10分の1程度でしかない。とはいえ、10年後までにキャッシュレス決済比率を4割程度に引き上げるという政府目標は、中国が6割程度に達している現実をみると、非現実的ではない。

     日本のキャッシュレス決済の行方はどのように進んでいくのだろうか。

     破壊的イノベーション理論で有名な、ハーバード・ビジネス・スクールのクレイトン・クリステンセン教授が提唱する「無消費」という概念がある。「新技術普及は既存技術が使われていない(無消費の)領域から浸透する」という考え方だ。

    残り2017文字(全文2428文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット