経済・企業エコノミストリポート

16億人を救える日本の食品ロスはごみも減らす=石川友博

     まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」への関心が高まっている。我が国の食品ロスは年間646万トン(2015年度推計値)発生している。国民1人が茶碗1杯分(約140グラム)のご飯を毎日廃棄するのとほぼ同量である。なお、世界では約8億人の人々が栄養不足状態にあり、年間、約320万トン(15年)の食糧援助が行われているが、我が国の食品ロス発生量はその約2倍に匹敵する。

     食品ロス削減は世界的にも重要課題に位置づけられている。15年9月には、国連サミットで、「持続可能な開発目標」(SDGs)の一つとして、30年までに小売り・消費レベルの世界全体の1人当たり食料廃棄量を半減させる目標が定められた。これを受け、我が国にも積極的な対応が期待されている。

    残り3729文字(全文4053文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット