国際・政治エコノミストリポート

スペイン・ルポ 老後も主役は「私たち」 組合方式で高齢者住宅を運営=工藤律子

    みんなで集まる昼食時のテーブルセッティングと配膳。毎日、誰かしらがボランティアで行う。(トラベンソルで)(撮影=篠田有史)
    みんなで集まる昼食時のテーブルセッティングと配膳。毎日、誰かしらがボランティアで行う。(トラベンソルで)(撮影=篠田有史)

     平均寿命82・8歳のスペインでは、日本と同様、老後の生活への不安が大きい。子どもに負担をかけたくないが、公的施設は数が足りないうえ、民間の有料施設は(日本円で最低月26万円前後と)費用が高い。かといって、孤独死も嫌だ。そんな思いを抱く人たちが、仲間と資金を出し合って集合住宅を建設し、共に生活している。

    「現役時代はマドリード郊外に住んでいた。子どもが同じ学校に通う親同士で『親の学校』を作ったり、消費者協同組合を運営したりもした。1992年ごろから、その仲間で集合住宅の建設を考え始めた」

    残り3379文字(全文3624文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット