国際・政治

日米物品貿易協定 実態は2国間のFTA 対米自動車輸出規制も=菅原淳一

EPA(経済連携協定)とFTA(自由貿易協定)
EPA(経済連携協定)とFTA(自由貿易協定)

 安倍晋三首相とトランプ米大統領は9月26日に会談し、日米物品貿易協定(TAG)の交渉開始に合意した。TAGは耳慣れない協定といっていいだろう。物品の関税のみが対象でサービスや投資、知的財産保護などは対象外となる自由貿易協定(FTA)の一種だ。日本はこのような2国間協定を結んだことはなく、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)や、これまでに日本が欧州連合(EU)などと締結した経済連携協定(EPA)とは異なる。TAGは日本にとって新たな枠組みだといえる。

 TAGは日米がお互いに相手国に限って関税を削減・撤廃する協定であり、日本からみれば、米国を他国に比べて優遇するものである。しかし、これは加盟国を平等に扱うことを定めた世界貿易機関(WTO)協定の最恵国待遇(MFN)原則に反する。WTO協定で同原則の例外として認められているのがFTAであり、TPPやこれまでに日本が締結したEPAはすべてFTAの一形態である。仮にTAGがFTAでないとすれば、日米両…

残り972文字(全文1400文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事