週刊エコノミスト Online特集

アジア新興国の落とし穴は中国依存度=山田雪乃 偽りの世界好景気

     米中貿易摩擦が激化するなか、米国が9月17日に対中製品への追加関税「第3弾」の内容を公表後、金融市場では「悪材料出尽くし」との見方が広がった。

     こうした見方の背景には、貿易戦争で米中の実質国内総生産(GDP)に悪影響が出たとしても、米中がそれぞれ関税による税収増と同規模の財政支出を行うことでほぼ相殺される──という見通しがある。例えば、中国の場合、輸出減少でGDPは0・22%減少するが、財政支出を行うことで0・05%の減少にとどまると見られる(大和総研試算)。

     しかし、貿易摩擦が世界経済にどの程度の影響を与えるかは、「サプライチェーンの変化」を加味して考えな…

    残り2322文字(全文2605文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月26日号

    食肉 大争奪16 豚肉が不足する中国の爆買い 世界の食肉市場を翻弄 ■三石 誠司20 世界の牛・豚データ 中国が牛肉も豚肉も爆食 ■編集部/監修・柴田 明夫22 アフリカ豚コレラは水際で防ぐ ■呉 克昌23 食肉関連15社 日ハム、不二製油、伊藤ハム米久 ■編集部25 混乱(1)TPP、日米貿易協定 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット