【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online特集

のれん償却だけが主要な論点か=三井千絵 IFRS・国際会計基準のれん償却 

 一部メディアで国際会計基準(IFRS)でも、のれんの償却義務付けを検討することが報じられ、それがあたかも確定的なような論調になっていることに私は違和感を覚えている。8月に来日した国際会計基準審議会(IASB)のハンス・フーガーホースト議長は、一つの可能性として「のれんの償却処理」の再導入を検討すると表明しただけだ。

 経団連で行われた議長のスピーチでも「償却をしないと、IASBボードが決めた理由はたくさんあった」と、いくつも償却のデメリットが挙げられており、個人的には日本基準のような償却がすぐに導入されるとは思えない。

残り1220文字(全文1482文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月18日号

EV&電池世界戦16 米中欧のEV覇権争いと戦略なき日本の危機 ■野辺 継男18 蓄電池は21世紀の石油 ニーズこそ進化を促す20 インタビュー 只信一生 電池サプライチェーン協議会会長、パナソニックエナジー社長 「蓄電インフラ整備こそ日本の課題」21 米国先制 17州が35年に「脱ガソリン車」 ■ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事