週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

カリフォルニア 一般向け遺伝子情報 サービス多様化で争奪戦=二村晶子

     自分の遺伝子を調べれば、最適な運動法などが分かるようになり、遺伝子検査サービスは身近な存在になっている。きっかけは米食品医薬品局(FDA)が2017年、医師を通さなくても利用者が遺伝子検査サービスを直接受けられるように規制を緩和したからだ。企業間で技術的な差はほとんどなく、ビジネスモデルやサービス内容で差別化を図っている。

     へリックス(本社・サンカルロス)が目指すのは、遺伝子解析分野のプラットフォーム(基盤提供)会社だ。利用者は同社の遺伝子解読サービスを利用したうえで、提携企業が提供するDNAアプリと呼ばれる解析サービスを利用する。DNA情報は登録され、新しい解析方法を製品化した場合もそのまま利用できる。また競合他社は遺伝子解読の対象を一部としているのに対し、同社は対象を拡大して従来の100倍の情報量を取得するとい…

    残り232文字(全文595文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット