週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

インドネシア大統領選が始動 カギ握る若年層=六角耕治

    プラボウォ氏(左)とサンディアガ氏
    プラボウォ氏(左)とサンディアガ氏

     投開票日となる来年4月17日まで、約7カ月間にわたるインドネシア大統領選と総選挙の選挙活動が始まった。大統領選は2014年選挙時と同じ、ジョコ・ウィドド大統領(57)と、最大野党グリンドラ党のプラボウォ・スビアント党首(67)の一騎打ちの構図。両候補とも1億8000万人を超える有権者のうち8割以上を占めるイスラム教徒、4割以上のミレニアル世代(1980~90年代生まれ)の票取り込みに必死だ。

     ジョコ氏は、副大統領候補にイスラム指導者会議のマアルフ・アミン議長を擁立。イスラム票を固める一方で、アジア大会の組織委員会会長だったエリック・トヒル氏を選対本部長に任命。40代で複数のメディア企業を所有するトヒル氏も加え、若者の支持獲得を図る。

    残り241文字(全文562文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット