法務・税務2040年の社会保障を考える

IT化、データ連携コスト削減の工夫を 「個人情報」への不安解消もカギ=翁百合 本誌版「社会保障制度審」第21回

    医療のIT化の流れ
    医療のIT化の流れ

    我が国の医療の質向上や医療提供体制の一層の改善のために、医療介護分野でのIT(情報技術)活用やデータ分析の高度化が急がれている。レセプト(診療報酬請求明細書)の電子化は、2005年の「医療制度改革大綱」で決定されてから実現に時間を要したが、ようやく100%実現に近づいた。09年からは厚生労働省保険局がレセプトや特定健診(メタボ健診)などのデータを整備し、ナショナルデータベース(NDB)の構築を開始(表)、最近ではこの分析によって学術的にもさまざまな研究成果が実現、医療提供体制の見直しにも役立ち、大きなメリットが明らかになってきている。

    残り2722文字(全文2992文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月2日号

    老後2000万円貯める! おまかせ投資16 高まるアクティブ人気 中小型株は「宝の山」 ■稲留 正英/吉脇 丈志18 投信の「迷信」を斬る! 危うい「インデックス信仰」 “本格志向”投信の選び方 ■中野 晴啓20 開示資料は情報の宝庫 投信と長く付き合うための“五つのP” ■竹川 美奈子22 外国株 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット