週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

オーストラリア 交通渋滞が慢性化 インフラ追いつかず=守屋太郎

     豪自動車連盟(AAA)は10月15日、都市部の交通渋滞に関する報告書を発表した。これによると、2018年の主要都市の自動車の平均速度は、5年前と比較して最大都市シドニーで3・6%低下。第2都市メルボルンの下げ幅は8・2%と全国で最悪だった。15年に165億豪ドル(約1兆3000億円)だった交通渋滞による経済損失は、30年に最大373億豪ドルに達する可能性があるという。

     豪州は日本の20倍以上の国土に人口2500万人。人口密度は主要国で最低水準だが、狭い大都市圏で交通渋滞が深刻化している。インフラ整備に力を入れる保守連合政権の下で、10年代に入ってようやく主要都市で大型の道路建設プロジェクトが進んだ。しかし、完成はまだ先で、交通量の増加にインフラ整備が追いついていない。

    残り265文字(全文604文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット