週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

バーレーン 周辺国からの支援と新税で財政危機に対応=中田悠治

     バーレーン国際空港に降り立ち、車に乗ればすぐに市内の街並みが現れる。飲酒も可能で、イスラムの戒律にも比較的寛容であるため、週末には隣国サウジアラビアから橋を渡って多くの人が詰めかける。ただし、人口140万人のこの島国は、財政赤字に頭を悩ませている。今年4月に大規模油ガス田の発見が発表されたことは記憶に新しいが、増え続ける国家借り入れのニーズと外貨準備の減少が相まって格付けが引き下げられている。1930年代に湾岸地域で初めて原油を生産し始めたものの、他の湾岸諸国と比べ…

    残り356文字(全文592文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット