経済・企業エコノミストオンライン

米シアーズ破綻 一世風靡した名門小売りの興亡 80年代に総合量販店の時代は終わった=鈴木孝之

    米国で最も信頼された小売店だったが(Bloomberg)
    米国で最も信頼された小売店だったが(Bloomberg)

     米小売り大手シアーズ・ホールディングス(HD)は10月15日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請した。負債総額は約113億ドル(約1兆2000億円)。

     19世紀末に通信販売からスタートした同社は、その後全米に店舗展開し、自社開発のプライベートブランド(PB)で一世を風靡(ふうび)した。米国人にとって「なくてはならない小売業」だった。

     しかし、大企業病の例には漏れなかった。革新性を失うと同時に、アマゾン・ドット・コムに代表される新興ネット企業との競争激化で、ここ数年は経営不振にあえいでいた。かつては日本の流通業界のお手本とされた名門小売業の興亡は、教訓に満ちている。

    残り4348文字(全文4644文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット