経済・企業エコノミストオンライン

シアーズは日本小売業界の憧れだった

     シアーズは日本の小売業にとって、同業を産業化した巨大企業として憧れであり、目標だった。そのノウハウに強い関心を持った。

     そこで、日本の小売り・流通・消費財メーカーの「シアーズ詣で」が始まる。定期的に社員研修の形でシアーズ店舗の視察が行われた。インテリア小売りのニトリはシアーズの家具売り場のプレゼンテーションから多くを学んだ。オートセンターのオートバックスもシアーズのオートセンターを研究したという。イオンは、日本のショッピングセンター時代の到来を予感しただろう。

     シアーズのノウハウに最も興味を持ち、行動を起こしたのが当時のセゾングループ(西武百貨店、西友、クレ…

    残り306文字(全文589文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月30日号

    乗り遅れ厳禁! 移動革命14 企業、業種の垣根を越える MaaSの底知れない破壊力 ■大堀 達也/加藤 結花17 インタビュー 宮岡冴子 モネ・テクノロジーズ企画・渉外部長  「クルマから得られるデータを付加価値に変える」18 Q&Aで学ぶMaaSの基礎知識 ■編集部/監修=阿部 暢仁20 一目で分 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット